CMSって何? オープンソースって何?

ブログやサイトを作るなら、オープンソース系のCMSを利用したらどうですかと言われて、意味が分かる人はこの記事を読む必要はありません。

しかし、私がサイト制作に携わっている中で、これらの言葉の意味がきちんとわかっている人が多数だとは思えないので、ここに簡単にまとめておきたいと思います。

 

CMSは、コンテンツマネジメントシステム(Content Management System)の略です。

コンテンツ(Content)というのは英語で中身という意味で、ホームページにある一つ一つのページにある情報のことです。

 

ホームページを表示するためには、この文字をどの位置に、どの大きさで、何色で表示するかといったプログラムが必要になります。

このホームページを表示するためのプログラムはHTML言語と呼ばれ、以前はホームページを作ろうとすると、HTML言語を書かなければなりませんでした。

CMSを利用すると、HTML言語をわざわざ書かなくても、Wordで文書を作る要領で文章を作ると、それを表示するためのプログラムが自動的に作られます。

そのため、情報の追加や更新がとても簡単になり、大規模なサイトであっても少ない労力で管理(マネジメント)することができるようになりました。

CMSの導入には少々知識が必要ですが、一度導入してしまえば更新は誰もが簡単にできるようになります。

 

現在は多くのサイトがCMSで運用されています。

CMSには様々な種類のものが開発されていて、このブログもWordPress(ワードプレス)というCMSで運用しています。

 

WordPressのプログラムは無料で配布されています。

こんな便利なものがなんと無料なんです!

多くの有志の方々がボランティアで開発に携わり、こうした便利なものを多くの人が利用できるようになりました。

インターネット上には、こうした無料のシステムがたくさん公開されていて、今でも日夜多くの方々が開発に携わっています。

 

オープンソース(open source)というのは、プログラムが無料で公開され、誰もが自由に利用してよいという考え方で、この考えに基づいて公開されているソフトウェアがオープンソースソフトウェア(OSS)と呼ばれるものです。

オープンソース系CMSというのは、誰もが無料で利用できるCMSで、カスタマイズ等も利用者が自由に行うことができます。

CMSだけでなく、インターネット上には多くのOSSが公開され、気づかないところでも我々がその恩恵にあずかっていることがたくさんあります。

 

オープンソース系CMSには、WordPressのほか、MobableType、Xoops、Joomla、Drupalなど様々なものがありますので、個別のCMSの説明についてはまた別項目で書きたいと思います。


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です