WordPressのパーマリンクを設定する

WordPressの初期設定でしなければならないことの一つがパーマリンクの設定です。

デフォルト設定のままでもブログを書くことはできますが、できれば一番最初に設定しておきたい項目になります。

 

ところで、パーマリンク(parmalink)とは何でしょうか。

これは、Parmanent(永続的な)Linkを略した造語で、ウェブページごとのURLのことです。

例えば今読んでいるこのページは、「http://www.try-affiliate.xyz/seo/permalink」というURLになります。

 

WordPressでは、設定 -> パーマリンク設定で、記事ごとのURLをカスタマイズすることができます。

 

WordPressのデフォルト設定だと、記事ごとのパーマリンクは、

http://トップレベルドメイン/?p=記事番号

となっています。

 

例えば、

http://www.try-affiliate.xyz/permalink?p=111

のような形です。

 

これが、

http://トップレベルドメイン/カテゴリー/記事タイトル

というURLになれば、それを見ただけで何の記事かわかるようになります。

 

設定は簡単です。

パーマリンク設定の中で、カスタム構造を選択して、テキストボックスのところに、

「/%category%/%postname%」

parmalinkと入力します。

 

設定はこれだけですが、日本語でブログを書く場合は、カテゴリー名や記事タイトルが日本語なので、URLが文字化けしたり記号になったりします。

 

そこで、まずカテゴリー登録の際に、スラッグというものを登録します。

スラッグをアルファベットで設定しておくと、日本語のカテゴリー名でも、URLに入るカテゴリーはスラッグをつかってアルファベットとなります。

また、記事タイトルもできればアルファベット表記に変更します。

これは記事作成画面の記事タイトルの下部にあるパーマリンクをみます。

その右側にある編集ボタンを押すと、記事用のアドレスを修正することができます。

 

こうして、記事のパーマリンクをしっかり設定しておけば、記事が引用された際にもすっきりとわかりやすいURLが表示されます。

 

あちこちに引用されてしまってからだと、パーマリンク設定の変更がしづらくなってしまいますので、まずはスタート時点で設定しておく方がいいですね。


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です