レスポンシブルデザインとは何ぞや

レスポンシブるデザインというのは、ウェブサイトを、パソコン、タブレット、スマホなど様々な端末で閲覧したとき、単一のファイルで対応できるデザイン手法のことです。

スマホやタブレットで検索をして、ホームページを見ることが増えている昨今、多様な画面サイズや条件に対応できる設計とうのは、もはやサイトの必須条件になりつつあると思います。

 

様々な端末に対応するために、よく取られる手段としては、アドレスを振り分けるパターンがあります。自動的に振り分けることもあれば、スマホの方はこちらという感じで誘導しているパターンもあります。

しかし、レスポンシブルデザインでは、同じアドレスを閲覧した時、端末ごとに表示を最適化することができます。

 

昨年(2015年)、Googleの検索エンジンが、スマホ対応サイトに有利となるよう検索順位のアルゴリズムを変更をしたというのは記憶に新しいところで、ブログへの来訪者も一定割合がスマホになることが想定されます。

そこで、私も今回新しいブログを立ち上げるのにあたって、レスポンシブルデザインとすることを必要最低条件としました。

 

幸いないことに、WordPressにはレスポンシブルデザインに対応したテーマがたくさんありました。

恐らく、他のCMSにもレスポンシブルデザインのテンプレートは増えているのではないかと思います。

もしテンプレートを使う際には、対応しているのかどうかを確認してみることをお勧めします。

 

WordPressの管理画面から、外観 -> テーマ -> 新しいテーマを追加 と進み、特徴フィルターをクリックするとレイアウト条件の中にレスポンシブルデザインもあります。

ここをチェックしてフィルターを適用すると、対応したテーマを簡単に探すことができます。

responsivle

 

テーマをインストールしたら、お持ちのスマホやタブレットなどで表示を確認しましょう。

かっこよくなるものもあれば、PCはいいけどスマホはいまいちというものもあります。

好みに応じて使い分けていきましょう。

 

ちなみに、実際にPC、タブレット、スマートフォンなどでどのように表示されているかをブラウザ上で確認できるサービスもあります。

Screenfly というページで、めちゃくちゃ重宝しますので、ぜひ利用してみてください!


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です