アマゾンレビューの誹謗中傷に発信者情報開示を命じる判決

Amazonのレビュー欄への誹謗中傷投稿について、東京地裁が発信者の情報開示を命じる判決を下したことを知りました。

これは画期的なことだと思います。

自分だけは安全なところにいて、他人の誹謗中傷をすることほど卑怯非倫理的なことはありません。

それを社会が許さないということを示した判決にまずは感謝します。

アマゾン「中傷レビュー」投稿者の発信者情報開示を命じる判決

 

ブログを匿名で書いていたとしても、そのことの責任は自分が追わなくてはいけません。

匿名だからいいという感覚は排除すべきだと思います。

情報を発信する者は、自分の責任において情報を発信しているということを忘れてはいけませんね。

 

このブログで他人の中傷を書くつもりはまったくありませんが、書いていることに対する責任はきちんと考えたいと思います。

 

ということで、その重みをかみしめながら、今日もブログを執筆致します。

 

【2016年4月11日(ブログ開設78日目)の作業内容】

ブログ記事 3本アップ


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です