できることをする

熊本大震災はまだ余震も続いていて緊張が続いていることと思います。

これ以上被害が大きくならないことを願っています。

 

災害が起きたとき、被災した方々に対して、近くにいても、遠くにいても、それぞれの場所でできることがあると思います。

小さな思いやりのひとつひとつが大切です。

 

寄付したり、物資を贈ったりというだけでなく、何ができるかを考えること、できることがあると人に伝えること、本当に些細な事でも、何もしないのではなく、何かをしようという気持ちが広がることを願っています。

 

現地で辛い夜を過ごしている方々、救出活動や支援活動を一生懸命に行ってくださっている方々、本当に大変な状況だと思います。

私として、今できることを考え、そして支援できることを準備して参ります。

 

【2016年4月16日(ブログ開設83日目)の作業内容】

ブログ記事 3本アップ


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

4件のコメント

  1. こんにちは、suzy様。

    私も現在

    『私でもできること』として

    支援、募金の他

    ブログでは内容を変更して

    地震に対する、今の対応等の

    暗い記事ではなく

    温かな記事を中心に考察し

    心理的な考えなどを使用し

    情報発信しています。

    少しでもいい。

    思いやること。

    現在では重要かもしれませんね。

    今は支援物資等のものに対して

    遅れないよう日本各地で動いているようです。

    一時的な壁ですが

    この後の復興がどういったものになるのか。

    私はそこが不安に感じる点ではあります。

    ーー椎名あい

    1. 過去の震災から学び、できることをそれぞれの立場ですることが大切でしょうね。
      誰もが他人のことと思わずに、苦しい時こそみんなが支え合っていきましょう。

  2. こんばんは。

    私も東日本大震災があった時はそこにはいませんでしたが
    生まれ育った町が震災に遭ってからとても寂しい町になって
    しまいました。

    若者はいなくなり、お年寄りが多い町となってしまいました。

    故郷に帰るたびに心が痛みます。

    私が今できることを考え、何かしらの形で助けてあげたいです。

    応援完了です。

    1. こんばんは。
      東日本大震災では、東京でも命の危険を感じた人は多かったと思います。
      私自身も、地震を他人のごとではなく自分のこととして感じました。
      仰る通り、私も何かしらの形でできることをしようと思っています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です