SNSで安否確認 Pokeは安否確認ボタン

先日見ていたドラマで、「彼女はもう3日もSNSを更新していないのよ、何かあったんだわ」といったシーンがありました。

そういえば私の周りでも、SNSが安否確認代わりになっていることがあります。

数日更新がないので何かあったに違いないと思い、連絡してみたら病気で入院していたということもありました。

毎日更新している人が更新しなくなったときには、何かあったんだろうなと心配してあげることも気遣いなんだなと思います。

FacebookにあるPokeはいったい何のためにあるんだろうかと疑問に思っていましたが、もしかしたら毎日互いにPokeを交換しあうだけで安否確認になるということかもしれないと気づきました。

Pokeは安否確認ボタンなんだ!

というのが私の勝手な結論です。

poke -- facebookちなみに、Facebookのpokeというのを知らない方のために説明すると、PC版の場合はFacebookで友達のページに行って、メッセージの横の・・・をクリックすると、Pokeというのがありますのでそれを選ぶと、相手にPokeが届きます。

それを受け取った側はPokeを返すということができます。

ちなみに poke とは、指などでつつくことで、まぁちょっと気にかけてるよと声をかける感じなのだそうです。

私はどうしてもポーク=豚肉だと思ってしまうのですが、それはpokeではなくporkでした。

【2016年6月13日(ブログ開設141日目)の作業内容】

ブログ記事 3本アップ


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です