流行語を考える

言葉というのはつくづく生き物なんだなと感じます。

いわゆる正しい日本語というのはありますが、新しい言葉は毎年のように作られ、一方で廃れていく言葉もあります。

今年も半年が過ぎ、色々な言葉が出てきました。

きっと年末になると流行語大賞にノミネートされる言葉もあることでしょう。

 

私が最近印象に残っている言葉は、

第三者の目 …… 舛添要一都知事が、自らの疑惑を調査するというために繰り返し使った言葉

神ってる …… 広島カープ・鈴木誠也がそう表現したことで私はこの言葉を知りましたが、若者言葉なんですね

などです。

 

個人的には、週刊誌がとりあげる不倫報道や芸能人のスキャンダルにはあまり興味がありませんので、もっと明るい話題から流行語が生まれてくることを祈っています!

 

ちなみに流行語は英語で何というんだろうとググると、vogue words と出てきましたが、buzzword というのも出てきました。

なるほど、バズワードというのはコンピュータ用語だと認識していましたが、SNSがこれだけ普及した昨今においては、バズワード=流行語という認識も間違いではないんでしょうね。

【2016年7月2日(ブログ開設160日目)の作業内容】

ブログ記事 3本アップ


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です