ゴールデンウィーク

いよいよゴールデンウィ―クですね。

ゴールデンウィークという名称が使われるようになった理由は、Wikipediaには次のように記載されています。

「ゴールデンウィーク」の名称は、映画会社の大映が松竹と競作して1951年(昭和26年)に同時上映となった獅子文六原作の『自由学校』が大映創設以来(当時)最高の売上を記録し、正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したことで、映画界でこの時期に多数の動員を生み出すことや活性化を目的として当時の大映常務取締役であった松山英夫によって作成された宣伝用語であり、和製英語である。1952年(昭和27年) – 1953年(昭和28年)頃から一般にも使用されるようになり、他の業界にも広まった。

参考:Wikipedia

 

商業的な理由でできたというのは納得ですね。

今も色々な業界にとってかき入れ時のひとつとなっています。

事務系の作業現場から考えると、月末と月初はやることが多いので、大型連休は月の半ばにしてくれると有難いのですが、言っても仕方のないことですね。

 

ただ、よく考えてみると、大型連休が入っても月次の仕事が成り立つのであれば、普段からそれだけ休んでも大丈夫なのではないかと思ったりもします。

あくまで勝手な考え方で、本当はその差分は別な仕事をしているのでしょうけれども、時間が限られていればその中でやる方法を考えるんでしょうね。

ゴールデンウィークという観点で、またタイムマネジメントのことを考えたところでした。

 

【2016年4月28日(ブログ開設95日目)の作業内容】

ブログ記事 3本アップ


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です