機械がアートを学ぶMagentaプロジェクト

Google Brain Teamが、6月1日、機械学習によって美術や音楽を創造することを目指すプロジェクトMagenta(マゼンタ)を立ち上げました。

参考記事:Welcome to Magenta!

発表された記事によると、このプロジェクトは、同社が昨年公開したオープンソースの機械学習システムTensorFlowをベースに進められ、成果はGitHubに公開される予定とのことです。

とても興味深いプロジェクトですが、機械がアートを創るようになるということは、クリエイターの人からはどのように見えるのでしょうか。

アーティスティックな感性を磨くということが、アルゴリズムとして理解される時代が来るのでしょうか。

人間と機械の差とは何かということがまた問われるひとつになるかもしれないと思ったりしています。

将来は人間と機械が一緒にクリエイティブなことに取り組んで、新しいアートの分野が生まれていく可能性もあります。

個人的にも注視していきたいプロジェクトですので、今後も発表を追いかけつつ、またこのブログにも紹介していこうと思います。

【2016年6月1日(ブログ開設129日目)の作業内容】

ブログ記事 4本アップ


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です