小手先だけのアフィリエイトはいらない

木から森へ

最近、YOUTUBEの下らない動画にひっかかって残念な思いをすることが増えた気がします。

いずれ規制がかかるものと期待していますが、かつて薄っぺらなウェブサイトもSEO対策をすれば検索上位に表示された時代があったのと似ています。

そうした小手先だけのアフィリエイトをするようなことは、私はするつもりは毛頭ありません。

読んでいただけるものを書き、その対価として報酬を得るという、ビジネスの王道をアフィリエイトでも実現したいと考えています。

それをアフィリエイトを呼ぶべきかもわかりませんが、本来報酬を受け取るというのはそういうことではないでしょうか。

せっかく力を入れて書いた記事を読んでもらいたいから、そのためにSEO対策をしたいというのは理解できます。

しかし、単に集客のために人を騙すようなことをしながらアクセスが集まればいいんだと考えるのは、結局読者を人として見ず、単に数字、あるいはお金としか見ていないことになります。

もしアフィリエイトに取り組もうというなら、そういう小手先のものはビジネスとして長続きしないということを断言しておきます。

そして、人生にとって得るものも大してないだろうと思います。

私は誰かに説教をするためにこうしたことを書いているのではなく、自分の原点を見失わないためにここに書き記しておきます。

【2016年6月26日(ブログ開設154日目)の作業内容】

ブログ記事 3本アップ


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です