EXCELでGoogle Analyticsのデータを取得できるプラグイン

ExcelからGoogle Analyticsのデータを取得できるプラグイン「Analytics Edge」を使ってみました。

Analytics Edgeには無料版と有料版がありますが、今回試したのは無料版です。

私はEXCEL2013(64bit)、Windows 10(64bit)の環境にて試しました。

ちなみにアプリケーションはすべて英語表記ですので、Analyticsに関係する言葉は英語で理解できる必要があります(とはいえ簡単なのでまずはやってみてください!)。

インストール

アプリケーションは http://www.analyticsedge.com/download/ からダウンロードして実行すればインストールが始まります。

インストール時にはEXCELを閉じておきましょう。

インストールが終わりましたら、EXCELを起動してみてください。

Analytics Edgeというタブが増えています。

Analytics Edge Excel Tab

初期設定とデータの取得

ExcelにできたAnalytics Edge タブ内の、Free Google Analyticsから、まずはLicenseを選択し、メールアドレスを登録してフリーライセンスを有効化(Activate)します。

続いて、同じくFree Google AnalyticsからAccountを選択し、Googleのアカウントを登録します。Reference nameにGoogle登録のアカウント名を入力してAdd Accountをクリックし、その後認証していきます。

これで初期設定は完了です。

データを取得する際は、データを表示させたいセルを選択しておいてから、Free Google Analyticsをクリックし、Analytics Reportingを選択します。

開いたウインドウの上部タブのうちView、Fields、Datesに*マークがついていますが、これらの項目は必須設定項目です。

まずViewsから情報を取得したいサイトのすべてのウェブサイトのデータをクリックします。

Nextボタンを押すと、Fieldsタブに切り替わりますので、取得したい項目を左から選んでAddを押します。

さらにNextボタンを押すと、Datesタブに切り替わりますので、取得したい期間を選択します。

設定で来たら、Finishボタンを押すと情報が自動的に取得され、シートに数字が転記されます。

使ってみた感想

使い慣れると、日々の数字を取得するのはとても簡単になりそうです。

私は今のところ数項目しか日々記録をしていないのですが、このツールで効率的に数字を取得すれば、より様々な分析をすることができるだろうと思います。

EXCELが得意な人であれば、定型フォームに毎日数字をダウンロードして、自動的に分析をかけるということは簡単にできてしまうはずです。

私もとりあえずフリー版を使っていくことにしましたが、ブログのアクセス数が伸びてきたら有料版への切り替えも検討します。

いずれにしても、Google Analyticsを使っている人で、EXCELでアクセスを集計・分析している人、あるいはこれからそうしようという方は、ぜひこのツールを試してみてください。


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

3件のコメント

  1. こんばんは*

    数は単に記録だけしていればいいものだと
    思っておりましたが、

    上手くツールを活用することが大切なんだと
    学びがありました。
    ありがとうございます!!!

    1. こんばんは。
      私自身はまだ分析と呼べるようなものはできていませんが、一応、集計して眺めて、自分なりの成長の確認には利用しています。
      こうした便利なツールはどんどん活用していきたいものですね!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です