共起語を意識する

ブログに記事を書いたら、やっぱりたくさんの人に見てもらいたいですね。

そのためには検索エンジンで見つけてもらわないといけないのですが、これはそう簡単ではありません。

コツコツ書いていれば蓄積はされるので、ヒットしやすくなるのは確かです。

でも、どんなキーワードで書いたらいいかがわかったら、よりたくさんの人に見てもらえる可能性は高くなります。

そこででてくるのが共起語です。

 

共起語というのは、主題に対して関連性の高いキーワードで、共起語検索ツールという便利なものもあります。

試しに「アフィリエイト」と検索してみると、こんな結果が出てきます。

アフィリエイト(725) サイト(350) ブログ(229) 報酬(172) 広告(165) 方法(159) 記事(158) 登録(126) 無料(115) 情報(111) 初心者(90) 広告主(88) サービス(86) プログラム(82) ASP(78) 商品(73) ネット(70) アフィリエイター(69) 紹介(68)

これらのキーワードは、アフィリエイトの記事を書くときに出てくる用語で、これらの言葉が記事の中にあると、「アフィリエイト」というキーワードでも検索エンジンの上位にきやすくなるということになります。

 

この記事では共起語のことを書くためにキーワードを羅列しましたが、共起語を入れたいからといってただキーワードを並べても意味はありません。

しっかりと記事を書いた中にこれらの言葉が含まれている必要があります。

また、これらの文言を意識して書けば、自然と中身のある情報を書けるようになるということでもあります。

 

書いているブログのテーマや記事のテーマについて、どんな共起語があるのかを考えて執筆すると、冒頭に書いたようにヒットしやすい記事やサイトになっていくのではないかと思います。


LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です